So-net無料ブログ作成
検索選択

2014年冬アニメ情報が出そろってきた [アニメ]

来期も続けて放送されるアニメもいくつかありますが、
2013年秋期放送のアニメは、すでにほとんどが最終回を迎えました。

毎期毎期、お気に入りのアニメがあると、
どしてもさびしくなってしまうのが、
この期の移り変わりのタイミングですよね。

私が見ているのは主に深夜アニメですが、
ここ最近、どんどん深夜アニメの放送数が増えているようです。

もちろん今期よりも、2014年冬期のほうが
放送本数も増えています。


そんなわけで、今期放送が終了したばかりのアニメの感想と、
来期期待しているアニメについて少々書いてみたいと思います。


今期アニメの私のお気に入りといえば・・・

「のんのんびより」と「境界の彼方」でしたね。

もともと戦闘ものやSF的な要素のあるアニメは、
好んで観ることはなくて、
どちらかと言えば、日常を描いたゆるーい感じのものが好きでした。

それが今期でいうところの、「のんのんびより」で、
小学生、中学生の生徒数の合計が10人にも満たず、
全員が同じ教室で勉強するという田舎の学校での、
子供たちの日常を描いたものです。

なんというか、私もそこそこ田舎出身で、
現在は東京都内に住んでいます。
将来、また田舎に住むとかなんて想像もしませんでしたが、
こんなゆるーいアニメを観てしまうと、

「どうして都会での生活にこだわる必要があるのか?」

そう思わさせてしまいます。
まあ、結局は仕事の都合で東京に住んでいるわけですが、
ある程度、仕事をとる仕組みが出来上がった今では、
あえて東京で働くという必要性を感じないようになってきています。

そして、ものにあふれた東京とはいえ、
普段の生活で何かを買うのも、
実はネット通販が大部分を占めるようになってきている現在、

「別に田舎暮らしでいいじゃん。」

そんな思いがここ最近わきあがってきたわけです。


こんな日常アニメに影響されている30代半ばのおっさんもどうかと思いますが、
将来の生き方などを考えさせられたアニメとなりました。



そしてもう一つのお気に入りとなった「境界の彼方」ですが・・・

すみません。主人公の女の子、栗山未来がかわいくて。
というだけのアニメでした。。。

正直、ストーリーはあまり好みではなかったものの、
京都アニメーション独特の絵のタッチがとても良く、
今期のアニメのなかでも、最も魅力的な雰囲気を作っていたと思います。

ちなみに、私がアニメに目覚めたのがここ1年です。

それまでは、アニメはおろか、テレビすら全く観ない生活で、
楽しみは、映画と読書だけという日々でした。

それが仕事の付き合いのある女性から、
「けいおん」をすすめられて以来、
どっぷりとアニメにはまってしまったというおっさんでございます。

同世代の友人、男性も女性もですが、この話をすると、
「どうしちゃったの?」
と、間違いなくいわれるわけです。
挙句の果てに、結婚もできない、彼女もできないから、
ついに現実逃避をはじめたということになってきてしまいました。

私も意識はしていませんでしたが、
もしかすると潜在的にリアルな人間から、
妄想の2次元の世界ににげこんでいるだけかもしれません。

とはいえ、へたなドラマなどをみるより、
すっと面白いのですからしょうがないんですよね。

いつもいつも同じような役者が、
同じような役柄を演じて、
同じようなストーリーで…

そんなのよりも、非現実的だとわかっていながらも、
どこか本当の人間臭さをのこしている部分を、
アニメのほうがもっているのではないかと。

ちょっと正当化しすぎかもしれませんが、
たしかにそう感じているのも確かです。


2014年冬アニメでは、
新作のアニメも多いですが、
私が特に楽しみにしているのが、

「中二病でも恋がしたい」の2期、
「咲」の3期。

この2作品はかなーり楽しみにしています。

そしてどれくらい良い意味で期待を裏切ってくれる
新作アニメがでてくるのか、
今から楽しみにしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
最新ニュース・面白ネタ・何でも流行超速報

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。